2017年01月21日

●外交においては、中国・韓国・トランプ氏も、麻雀みたい?

外交=麻雀

最近、日本の回りが騒がしいですねぇ。

●中国が、APAホテルさんを攻撃したり・・・

『気に入らない本を置いてるから攻撃する』というなら、日本全国の本屋さんを攻撃してください。Amazonも攻撃せなあきませんなぁ。(^^♪

●韓国の慰安婦像の問題だったり・・・

『10億円返せばよい』という問題ではないですよ。約束を守れる国かどうか、という問題でっせ。(^^♪

●アメリカの新大統領のトランプ氏の強引な圧力のかけ方だったり・・・

『輸入車に高い関税をかけてやる!』というなら、利益が減った分、アメリカ国内の従業員をレイオフしたら面白いですね。(^^♪

しかし、こういうニュースを見ていると、

『外交って、麻雀みたいなもんやなぁ。』

と思いました。

何故か?

なんとなく、外交って、

『言ったもん勝ち!』

というようなもんでしょ?

例え事実でなくても、他国に圧力をかけて、自分達の都合の良いようになってくれたら儲けもん!みたいな・・・

なので・・・

『通らば、リーチ!』

のような印象を持ちました。なので、外交って麻雀みたいやなぁ・・・と思った次第です。

真似する必要はありませんが、日本政府にも、それくらい強気の外交を期待したいものです。

昔、『4か国語麻雀』というようなネタがありましたが、まさに、日本・アメリカ・韓国・中国の4つの国で、麻雀しているようなもんですね。(^^♪

ふと思ったので、記事にしてみました。m(_ _)m

ちなみに、私の麻雀歴は?と言うと・・・

若い頃に、少しだけ(付き合い上)麻雀をしたことがありますが、そんなに強くありません。(苦笑)


最後まで、独り言にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。m(_ _)m

タグ:外交
posted by 井田 隆士 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ●戯言(独り言) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

●成人式の愚行に思うこと

成人の日について思うこと


久々のブログ投稿です。(^^♪

毎年のように、成人の日となると、新成人の愚行について、新聞・テレビのニュース番組などが取り上げていますが・・・

はっきり言って、こんなニュースは見たくないです。

ニュースに取り上げる価値すらない、と判断して、無視すればよいと思うのは、私だけでしょうか?

要するに、暴走族と同じで、ニュースで取り上げられるから(目立つから)、愚行が毎年のように繰り返されるように思うのです。間違いなく、その理由の一つだと思います。

そういう愚行は無視すればいいのです。

新成人だけでなく、政治家の方々でも、愚行が目立つ世の中です。(政治のカネの問題なんて、毎年のようにニュースになっています。)

もっとひどい愚行をしている人達を取り上げたほうがよろしいのでは?(最近の出来事の中では、約束を守らない某国について、個人的に非常に腹が立っています。)

そろそろ、新成人の愚行をニュースに取り上げるのは止めませんか?

そういう紙面の余裕・時間の余裕があるなら、もっと立派に成人している人達を多く取り上げて、今後の新成人のお手本としてもらうほうが優先だと、個人的に思います。そのほうが、お正月らしくていいじゃないですか。

おそらく、マスコミで、こういった愚行を取り上げなくても、ネットなどで、そういった人達は叩かれるはずです。

プロのマスコミの方々であれば、もっと成人の日にあたって前向きになれるニュースを取り上げて欲しいです。

私って、少し思い込みが、ハゲし過ぎますかね?(笑)

人間にとって一番精神的に辛いのは、『無視されること』です。

もちろん、そういった愚行をニュースで取り上げるメリットがあれば別ですが、ニュースに取り上げることで、そういった人達(目立ちたがり)を喜ばせるだけなら、無視したほうが良いのです。

正月らしい、微笑ましいニュースをもっと多く取り上げてください、マスコミの方々。m(_ _)m


最後まで、独り言にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。m(_ _)m


タグ:成人の日
posted by 井田 隆士 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ●戯言(独り言) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

☆英英辞典に関する考察

当たり前のことですが、昔は、私も英語学習者の一人でした。

今でも、学習せねばならないことが沢山ありますが。(苦笑)

英語学習を40歳のときに再開した頃は、試行錯誤の連続で本当に色んな方法を試しました。

その方法全てを挙げるとキリがないのでやめておきます。(笑)

ただ、一つだけ『辞書』に関することについて書いてみます。

以前、『英英辞典』について、ブログ記事にしたことがありますが、私の好みとしては、LONGMANが一番好きです。

LONGMAN英英辞典


他にも色々な英英辞典を読んでみましたが、LONGMANの解説が一番解りやすいと思います。

英英辞典は、日本語で言うところの『国語辞典』みたいなものです。

難しい日本語を、易しい日本語や具体例で解説してくれるのが国語辞典ですから、英英辞典は、その英語バージョンと言えます。

ただ、英語学習者のレベルによっては、いきなり英英辞典を使うというのは困難です。

私も最初は、『英和辞典』や『和英辞典』を使っていました。(主に、電子辞書でした。)

やはり、『ある程度の英文読解力』が身についてからでないと、英英辞典を使うメリットは出てきません。

TOEICのスコアで言えば、500点以上くらいでしょうか?(目安ですが・・・)

英英辞典を使うメリットは何か?というと、

『似たような意味の単語の違いが、解りやすくなる』

という点が挙げられます。また、

『単語の意味を英語のまま理解できるので、日本語に訳す必要が無い』

という効果も出ます。

英会話の場合、いちいち日本語に訳していては、会話についていけませんから、実践向きの訓練となります。

そういう効果を狙うには、

『解説文が解りやすいか』

『例文は充実しているか』


という視点で、英英辞典を選ぶことになります。

私にとっては、LONGMANが一番わかりやすいので、長年使っています。

分厚いLONGMANの辞書も、読み物として、とても面白いです。

また、付属CDをパソコンにインストールすると、単語の発音や例文も読み上げてくれるので、私にとっては、最高の英語教材です。


とまぁ・・・私のケースを紹介しましたが、こういうところまで到達するには、かなりの時間がかかりました。

しかし、英語を習得した大抵の方々が、こういった自分のスタイルを持っていると思います。

この自分のスタイルを構築する途中で、大半の方が挫折してしまうようです。

実は、私も30歳過ぎの頃、一度英語学習を始めて、すぐに挫折したことがあります。(^^♪

では、40歳で英語学習を再開して、何故挫折しなかったのか、というと・・・

『自分にあったスタイルを見つけることができたから』なのではないかなぁ、と思ってます。

受験勉強と、実践的な英会話を身につけるための学習は、全く違います。

自分にあったスタイルを見つけるまで、英語学習を継続できれば、誰でも英会話が出来るようになるはずです。

とても良い辞書を作っていただき、ありがとうございます。

今後も、私は、数ある英英辞典の中で、LONGMANを愛用していこうと思っています。

良い辞書に出会うことができて、ツイてるなぁ、俺。(^^♪

尚、誤解なきよう付け加えますが、英英辞典を使うことが、英語学習に必須ということではありません。繰り返しますが、その方法が、私に合っていただけです。

ただ、ある程度の英文読解力がついたら、一度、英英辞典を使ってみることは、強く推奨します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
 
posted by 井田 隆士 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆英会話スクール・英会話喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

▽もしも、私が飲食店の経営者なら、中国製の割り箸は使いません。

chopsticks made in China?

『中国産の割り箸には、猛毒が入ってる可能性がある・・・』

というような記事を、以前ネットで見ました。


日本に流通する割り箸のほとんどが、中国産らしいです。

なんでも、中国のレストランで、割り箸を水につけたら、水が黄色く変色したとか・・・

また、割り箸を金魚鉢に入れたら、金魚がプカプカと浮いてきたとか・・・

とても信じられないことが書かれていました。

中国産なので、過剰に反応して、誇張表現(過大表現)しているのかもしれません。

ただ、こういった記事をネットで見た人は・・・

『割り箸を使っている飲食店では、食事しないようにしよう。』

と思うかもしれませんね。

味などではなく、単なる割り箸のせいで、売り上げを落としてしまう飲食店もあるかもしれません。

中国産の割り箸が良い悪いは別にして、こういった噂を耳にした以上、飲食店の経営者なら、何等かの対策を検討したほうが良いのでは?と思います。

なので・・・もし・・・私が割り箸を使っている飲食店の経営者なら、

『割り箸ではなく、再利用可能な(洗浄して、繰り返し使える)お箸に変更する』

という対策をとるか、店の形態上、割り箸を使わざるを得ないお店(テイクアウト中心のお店など)であれば、

『当店では、衛生的な国産の割り箸を使っています。』

とかいうような貼り紙をして、中国産でないことを明示する、というような対策を検討します。

でも、『猛毒入りの中国産の割り箸』というのは、少し大袈裟かもしれませんね。

ただ、毒入りギョーザなどがあった国ですから、あまり信用できないのは確かです。

ともかく、噂に右往左往するのは良くないですが、経営に影響があるかもしれないのであれば、防衛策が必要ですよね。

ちょっと思いついたので、記事にしてみました。
 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
 
posted by 井田 隆士 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ▽もしもシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

■繊維リサイクル工場のWebサイトを、近日完全リニューアルします。

家族で経営しているリサイクル工場(反毛工場)の『泉製作所』ですが・・・

この工場のWebサイトは、18年前に作成しました。

繊維リサイクル 泉製作所 Webサイト


かなり時間が経過しているのと、最近更新をさぼっているので、検索順位が落ちてきました。(>_<)

また、古いリンクが切れているところもあります。

自宅作業用の新しいパソコンが、昨日到着したので、年末年始の休みを利用して、完全リニューアルしようと思っています。

そこで、リニューアルに使うHTMLエディタですが・・・

以前は、ホームページビルダーを使いましたが、この際、違うソフトを使ってみようと思います。

あえて、英会話スクールのWebサイトを構築したソフトとも違うソフトを使うつもりです。

その方が、色々と今後のために役立つかもしれませんから。(^^♪

リニューアルにあたっては、写真も撮影しなおさなくちゃいけないですね。

ただ、Webサイト作成には、ソフトを使いこなす知識・CSS/HTMLの知識だけではなく、デザインセンスも必要です。

残念ながら、デザインセンスについては、自信がありません。(>_<)

(ちょっと余談:CSSは、『カスケード・スタイル・シート』の略ですが、古い人間の私は、『クライアント・サーバ・システム』が、まず頭に浮かんでしまいます。笑)

完全リニューアルするということになれば、SEO対策もやり直しです。

じっくり自宅で作業すれば、それなりのものが出来るでしょう。

でも、英会話スクールのWebサイトのように、独自ドメインを取得することしません。それほどの独自色を出す必要はありませんから。

新年には、新しいWebサイトを公開できるはずです。(^^)/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
 
posted by 井田 隆士 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ■繊維リサイクル工場の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

☆TOO BRIGHT! 受付のLED照明

先日の定休日、照明をLEDにする工事を行いましたが・・・

受付の上にある『丸形蛍光灯』だけは、部品の関係で、工事が遅れていました。

ようやく、部品が到着したので、LEDの照明にリプレース。

下の写真は、以前の照明と、LED化後の照明です。

◆以前の受付照明

以前の受付照明


◆LEDの受付照明(現在)

LEDの受付照明



げげげっ!『あ、明る過ぎる!TOO BRIGH!』という第一印象でした。

しかし、このLED照明は、『輝度の調整が出来る』というタイプですので、少し輝度を落としました。

3段階くらい輝度を落とすと、ほぼ前と同じ明るさになりました。

実は、自宅にも同じタイプのLED照明が設置されています。

自宅では、明る過ぎるという感じはしなかったのですが、何故・・・?

恐らくは、窓の関係だと思います。

自宅は外からの明かりが窓から入ってくるので、輝度がMAXでも、ある程度回りが明るいので、差を感じないのでしょう。

英会話スクールは、間仕切りされたビルの部屋ですから、わずかの日光しか入ってきません。(>_<)

そのため、明暗の差がハゲ・・・もとい・・・激しいのでしょう。

ともかく、これで作業は完全に終了です。

早速請求書を送ってもらい、その日のうちに支払いました。

いつもニコニコ現金払いです。(これって、古すぎる言い方?)

年内に経理処理を終えることが良かったです。

支払いを新年に持ち越したくないですもんね。(あぁ、なんて古いタイプなんやろ、俺って・・・)

上田さん、お安くしていただいて、ありがとうございました。m(_ _)m

ともあれ、迅速な工事業者にやってもらえて、ツイてるなぁ、俺。(^^♪


最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
 
posted by 井田 隆士 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆英会話スクール・英会話喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

●自宅PC(D社製のVISTAマシン)、いい加減に変え時です。(^^♪

昨夜から、自宅作業用のパソコン(VISTAマシン)の電源を入れると、次のような警告が出るようになりました。

"System battery is low."

alart system battery is low.jpg


F1キーを押すと、問題なくブートするので、使う上では困っていません。

この画像をインスタグラムに投稿すると、『マザーボードのボタン電池を交換すれば、この警告はなくなるかも?』と、知り合いが教えてくれました。

わざわざ、アドバイスありがとうございます。m(_ _)m

しかし、このパソコンも、(内蔵HDDは、一度換装しましたが)10年くらい経過してます。

マイクロソフトさんは、来年にVISTAのサポートを終了するらしいので、この際、思い切って買い替えることにしました。

このパソコンは、D社製のパソコンなのですが、過去に痛い目にあってるので、今度は日本のメーカーのものを購入することに。

早速、ネットで注文。決断、早っ!(笑)

ディスプレイなどは、そのまま使えるので、本体だけ注文しました。

一応、拡張しやすい『ミニタワー型』を注文。経費で落とすので、10万円ギリギリの機種を選択。(^^♪

セットアップは、年末年始休業の間にやろうと思ってます。

なんせ、現在のPCには、色んなソフトとデータが入ってますので、移行に時間がかかりそうです。

特に、ネット決済用の電子署名などが面倒かもしれません。(>_<)

車のステッカーも張り替えなくちゃいけないし、年末年始もノンビリしていられませんな、こりゃ。

やることが沢山あって、ツイてるなぁ、俺。(^^♪

ちょうど良いタイミング(年末年始休業前)に、不調になってくれてありがとう、VISTAマシン。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m
 
posted by 井田 隆士 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ●戯言(独り言) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

☆英会話スクールの照明を、LED化しました。

以前にも、LED化に関するブログ記事を書きましたが・・・

本日(2016年12月5日・月曜)、『月謝制・ネイティヴ英会話スクールGiテック』の主な照明を、全てLED化しました。

1日に数時間しか使わないところは、費用対効果が見込めないので、従来のままにしています。

今回の工事にかかった費用は、数十万円ですが、恐らくは電気代が下がるので、5年で償却できそうです。

いや、償却ではないですね。『回収』というべきです。

なぜなら、LED化のコストは、『償却対象となる固定資産』ではなく、『機械修繕費』という経費で計上できますから、原価償却の必要はないそうです。

ともかく、LED化により、レッスンルームは、かなり明るくなりました。\(^o^)/

照明によるCO2排出量も、計算上60%削減できる見込みです。

泉佐野市(あるいは、大阪泉州)で、一番環境に優しい英会話スクールになったかもしれませんね。(^^♪

当然ですが、LED化により、今まで使っていた白熱電球などは不要になりました。

自宅・家業のリサイクル工場は、既に数年前にLED化していますので、持っていても仕方ありません。

そこで・・・

近所の飲食店さん達に、使えそうなものを使っていただくことになりました。

ご近所さん達にも喜んでいただき、私も嬉しいです。

やっぱり、ツイてるなぁ、俺。(^^♪

電気工事業者さんの、迅速な対応に、感謝します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

※写真は、以前の照明・LED化した後の照明です。(レッスンルームの一部)


LED化の前のレッスンルーム

LED化の後のレッスンルーム

posted by 井田 隆士 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆英会話スクール・英会話喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする