◇英語の豆知識(25th April, 2015) - Put yourself in your friend's…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達が成長するにつれて、色々な人間関係でトラブルになることが多くなりますよね。互いに尊重しあうことが社会生活では必要ですが、そういう英語表現、例えば、「友達の立場になって考えてみなさい」と言うような場合、"Put yourself in your friend's shoes."というフレーズになります。直訳すると、「あなた自身を、友達の靴の中に入れなさい」という意味ですが、慣用表現で、「靴の中に入る」⇒「相手の立場になってみる」という意味になります。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 少しでも英語を話せるようになってくると、本当に楽しいものです。ですが、主に初級・中級レベルの生徒さんの場合、「一応英語を話してはいるんだけれど、何かネイティヴの英語と自分が話す英語に違いがある」と感じることがありませんか?もちろん、相手はネイティヴなので、違っていて当たり前なのですが、英語という言語は、比較的「論理性が重要視される」と言われています。日本人の場合、主観的なことを表現することは出来ても、客観的に説明するのが苦手な人が多いです。たとえば、「○○だと思う」と言うことはできても、その先に「何故なら」の部分を続けないと、英語では不完全な感じがするのです。映画を見た感想でも、学校・政治に対する意見でも構いませんが、英語で言ったことについて、常に「Why?(なぜ?)」と自問するようにしてみてください。そうなると、必然的…

続きを読む

◇英語の豆知識(23rd April, 2015) - up to one's neck in(ハマっている) /…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 例えば、夏休みなどの場合、小学生のお子さん達は、きっと宿題が沢山あるので、「宿題に集中しないといけないとき」がありますよね。そういう困難な状況に、はまりこんでいるときを表す英語の表現の一つを御紹介します。例えば、宿題に没頭しているなら、"My son is up to his neck in his homework."となります。日本語でも、「首(neck)をつっこんでいる」=「物事にハマっている」というような表現がありますが、同じ感覚ですね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「一か八か賭けてみます。」⇒ これを英語にするとどうなるでしょう?まさか、「ええと、一はoneで、八はeightで・・・」と考える人はいないと思いますが、そのまま英語にする必要はありません。もっとシンプルに考えて、「チャンスに賭けてみる」⇒「チャンスを取ろうをしてみる」と考えて、"I'll take my chance."となります。どんな言葉でも、日本語を英語に直訳せずに、シンプルな言い回しに変えて考えてみると、意外と簡単に英語化できます。特に、初級レベルの生徒さんは、こういう風にして、言いたいことを「シンプルに考える」のがお薦めです。(^^)/

続きを読む

◇英語の豆知識(21st April, 2015) - Take it, or leave it.(早く決めなさい…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達が、「どうしようか・・」と悩んでいるとき、例えば、「このお菓子を買おうか、どうしようか?」と迷っているとき、「早く決めなさい!」と言いたい時ってありますよね?そういう時に使える英語のフレーズは、"Take it, or leave it."です。直訳すれば、「それを取るか、そのままにしておきなさい」という意味になりますが、要するに「決心しなさい!」というニュアンスになります。 (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 英会話の上達には、多少の例外はありますが、やはり個人の性格が影響します。子ども達でも、幼少のときに、「口の早い子ども、遅い子ども」という傾向があるように、やはり個人の性格によって、日本語であろうが英語であろうが、会話スキルの習得に影響が出ます。恥ずかしがりで、他人の目が気になって仕方がない性格の人は、文法等の知識がハイレベルなのにも関わらず、自分の英語が間違っているのではないか?笑われるのではないか?と心配ばかりしていて、上達しづらいものです。では、どんな性格が英会話の上達に向いているのかと言いますと、「細かいことを気にせず、間違っても、笑い飛ばせるような性格」です。もちろん、間違いに気付いたら修正して上達を目指す必要がありますが、まずは「細かいことを気にせず、英語を話す」ことにトライしないことには、自分の間違いに気付くことすらできません。間違いに気付かない、ということは上達できないということになります…

続きを読む

◇英語の豆知識(19th April, 2015) - I've never felt better in my …

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 以前、とても嬉しいことがあったときの表現をご案内しましたが、類似表現をもう一つご紹介します。以前は、「仮定法」を使った表現でしたが、今回は、「現在完了形」を使った表現です。"I've never felt better in my life." 直訳すると、「私の人生で、こんな良い気分になった経験は無い。」という意味ですので、ニュアンスとしては、「今までで、最高の気分です!」ということになります。随分前のオリンピックで、当時14歳だった「岩崎恭子さん」が水泳で金メダルをとったとき、「今まで生きてきた人生の中で一番幸せです」と語って、その年の流行語にもなりましたが、その英語がこれに相当します。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 何人かの生徒さんには、案内したことがありますが、英語を堂々と話せるようになる(特に、初級の方にお薦めしたい)方法を一つご案内します。まず「日本人であることに誇りを持つ」というようにしてください。英語を話すために、「日本人であることに誇りを持つ」って、なんか変な気がしますが、他のアジア圏の国(例えば、中国や韓国)の人々が、日本人よりも、(例え間違っていても)堂々と英語を話すことができるのは、例えば中国人なら、「自分は中国人だ!」という誇りを持っているからです。日本人は、どうも自虐的なところがあって、「いえ、私は日本人ですから、英語なんて・・・」とか、「まだまだ勉強中の身ですから、もっと英…

続きを読む

◇英語の豆知識(17th April, 2015) - Leave it to me.(私に任せて) / a pa…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 今週は簡単なフレーズなので、御存知の方も多いと思います。子ども達が何かに困っているので、手を貸してあげるとき、「君じゃ無理だから、私に任せなさい。」という場合がありますよね?例えば、ボトルの蓋が固くて、子どもの力じゃ開けられない時などです。そういう時のフレーズは、"Leave it to me."です。直訳すれば、「それを私に残しなさい。」ですが、「それ(難しいことなど)」を、「私の作業として残す」=「私に任せておいて!」というニュアンスになります。子ども達相手だけではなく、困っている大人の方に対して、「私に任せて」という場合にも使えるフレーズです。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 "a pain in the neck"・・・これは、どういう意味でしょう?直訳すれば、「首の痛み」ですが、比喩表現で、「面倒なこと」「頭痛のタネ」「「一筋縄ではいかない」というような意味です、日本語で言うところの「目の上のたんこぶ」と言えば解りやすいでしょうか?例えば、会社や部活などで、とても有能な仲間がいるんだけど、「一筋縄ではいかないような人」って居ますよね。そういう場合は、We need him for our company, but he is a pain in the neck.というような英語になります。仕事や部活で仕方なく一緒に居るけど、本音は「目の上のたんこぶ」というケースで使えます。(^^)/

続きを読む

◇英語の豆知識(15th April, 2015) - Dig in.(どうぞ、召し上がれ) / show no …

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子どもの友達が自宅に遊びに来ました。3時になったので、皆にオヤツを出しました。その時、大抵の場合、「さぁ、どうぞ」とか、「さぁ、召し上がれ」のように、子ども達に言うと思います。これに相当する英語は、"Dig in."(どうぞ、召し上がれ)です。"dig"は、「掘る」という意味の英語ですが、イメージとしては目の前に御馳走の山があり、そこを食べながら掘っていくようなイメージです。子ども達相手に対してだけでなく、家族揃って食事をするときに、「さぁ食べよう!」と言う場合は、"Let's dig in!"という言い方もOKです。これに似た英語として、"Let's pig out!"という英語もありますが、かなり下品な言い方です。「さぁ、(豚のように)ガツガツと食おう!」というニュアンスになりますから、子ども達に使うべきではありません。(^_^;) (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「全く____する気配が無い」という表現を英語にするとしたら、なんと言いますか?まず、「ええと・・・気配って、英語で何というのだろう?」と辞書で調べる人もいるかもしれません。しかし、日本語を忠実に英語に翻訳する必要はありません。会話ですから、ニュアンスが伝わればいいのです。ですから、「気配がない」ということは、「相手から何も見えてこない」と考えれば、このような英語になります。⇒ "show no signs of ___"(____のサインを見せない…

続きを読む

◇英語の豆知識(13th April, 2015) - toy with(もてあそぶ) / just in cas…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 toyという英語は、「おもちゃ」という意味の名詞であることは、御存知の方も多いはずです。ですが、この単語は、動詞としても使われます。その例として、Don't toy with my emotions.(私の気持ちをもてあそばないで!)というように使われます。"toy with"で、「____をもてあそぶ」という意味です。日本語でも、「____をオモチャにする」と言いますが、同じ感覚ですね。「大事なものをオモチャにする」⇒「大事なものをもてあそぶ」という日本語と同じです。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 個人的に良く使うフレーズで、"just in case"というフレーズがあります。これは、「念のため」という意味になります。例えば、友人と夜に会う約束をしたけど、ちょっと不安なので、念のため電子メールを送る場合は、"I'm emailing you just in case."(念のため、メールを送っておきます。)というような英語になります。是非、機会があれば使ってみてください。(^^)/

続きを読む

◇英語の豆知識(11th April, 2015) - That's life.(人生って、そんなもんだよ) / …

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達から、色々と質問されて回答に困っているとき、「人生って、そんなもんなんだよ!」と誤魔化してしまうような場面がありますが、そういうときの英語は、非常に簡単です。⇒ "That's life." もちろん、子ども達に対してだけでなく、大人の人に対して、「世の中、そんなもんだよね~」というような場面でも使えます。ただ、できるだけ、子ども達からの質問には、具体的に答えてあげるようにしてくださいね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 私(Giテック代表:井田)が、英会話スクールの生徒の頃に、よく使ってたフレーズが、"What does ____ stand for?"というクエスチョンです。このフレーズは、御存知の方も多いと思いますが、念のため解説します。新聞などで、英語の略字を見て、「これって、何の略?」というときに使うクエスチョンです。例えば、"What does TPP stand for?"というように使います。それに対する答え方は、"It stands for Trans-Pacific Partnership."というようになります。レッスンで機会があれば、使ってみてくださいね。ちなみに、組織・国の略字でも、"the UK", "the USA", "NASA", "OPEC"というように、"the"がつくものと、つかないものがありますが、この理由は御存知ですか?気になった人はご自身で調べてみてく…

続きを読む

◇英語の豆知識(9th April, 2015) - You shouldn't have! / 外出先での英語学…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 日本でも、なにか贈り物を手渡すとき、「ほんのお礼の印です。どうぞお納めください。」と言いますよね。英語での言い方は、"Here's a small token of my appreciation. Please accept it."となります。「ほんの」がsmallに相当します。外国人に何か御礼などを渡すときに、言ってみてください。そのとき、相手は、このようなフレーズを使って返答するかもしれません。⇒ "Oh, you shouldn't have!"(直訳:あなたは、そんなことをするべきじゃなかった。意訳:こんなことしてくれなくても良かったのに。どうもありがとう。) 「恐縮して御礼と言う」ときに、この"You shouldn't have!"は使えます。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 何人かの生徒さんには案内したことがありますが、上達している人の普段のやり方を一つ紹介します。例えばレッスン中の発言でどうしても言うことが出来なかったときや、日常生活で英語で外国人と話そうとして困ったとき、また道端でふと「これって、英語でなんというのだろう?」と思ったとき、そういうとき、すかさず、メモ帳にその状況を日本語で書きとめて、後で調べるそうです。また、メモ帳ではなく、携帯・スマホを取り出して、自宅のパソコンのメールアドレスに、その状況をメールしておいて、帰宅してから、パソコンでその英語を調べる、という人もいます…

続きを読む

◇英語の豆知識(7th April, 2015) - as _____ as ever(あいかわらず、~だ。) /…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 毎日、家事・お子さんの面倒などで忙しいお母さん方が多いと思います。「あいかわらず忙しい」という場合、このような英語になります。⇒ I'm as busy as ever. "as ____ as ever"で、「あいかわらず_____だ」ということを表現できます。あまり良い例文ではありませんが(しかも、ちょっと古いですが)、「スギちゃんは、あいかわらずワイルドだ。」という場合は、Sugi-cyan is as wild as ever.となります。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「綺麗な発音で英語を話したい」・・・そう思う日本人は多いです。私(Giテック代表:井田)の場合、あまり発音には拘らずに、「通じればOK!」という方針なのですが、とは言っても、綺麗な発音で話せるに越したことはありません。GiテックのKIDSレッスンでは、初めて英語を習う子ども達に、フォニックスの前段階として、曜日・数字などを繰り返し練習します。特に、数字は英語の発音に慣れるのに、最適と言われます。なぜなら、1から10までの数字には、日本人が苦手な発音パターンが多く含まれているからです。例えば、threeには、th, rという難しい子音の発音が含まれています。fiveには、f, vという、これも日本人には難しい発音が含まれます。seven, eightの、v, n, ghtも重要です。もし、英語の発音に口・舌を慣れさせようと思ったら…

続きを読む

◇英語の豆知識(5th April, 2015) - Not again, Enough is enough. /…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達が、お小遣いなどをねだってきました。そういう時って、「またなの?」と思いますよね。そういう状況での英語は、"Not again."というフレーズになります。また、何度も同じことを繰り返している人に対して、漫才などでは、「ええかげんしなさい!」等と言いますが、英語の場合は、"Enough is enough."(もう、たくさんだ。)というようなフレーズが使えます。 (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「日本人が英語を苦手にしているのは、意外とメンタル面が原因」という通説があります。例えば、アジアの国に行って、お互いが片言の英語しか話せない場合、ほとんどの日本人は、堂々と大きな声で、なんとか英語で話そうとします。一方、欧米に行った場合は、小さな声で英語で話そうとする日本人が多いようです。日本人はどこか、欧米人(白人)を、自分よりも上に見ている傾向があります。そうなると、自分より上に見ている人と話をするのは、大変です。一方、中国人や韓国人が英語の上達が早いのは、欧米人に対して遠慮が無いというか、対等あるいは「自分達のほうが上」というように見ているからです。日本では、スーパーのチラシなどに、白人のモデルが登場するように、なんとなく「白人に憧れる」という民族意識のようなものがあります。日本人相手のチラシなのに、白人のモデルを使うなんて、おかしいと思いませんか?欧米人だからといって、憧れる必要もないですし、怖がる必要もあり…

続きを読む

◇英語の豆知識(3rd April, 2015) - Watch your step./ I owe you on…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 例えば、子ども達がジャングルジム等で遊んでいるとき、「頭に気をつけて。」と言ってあげることがあると思います。そういうときの英語は、Be careful....というフレーズを思い付く人もいると思いますが、シンプルな言い方は、"Watch your head."です。空港などのエスカレータで、英語で"Watch your step."というアナウンスを聞くことがありますよね。これは、「足元に気をつけて下さい」という意味になります。"Watch your ____."のパターンは、子ども達に対して、何か注意を促すときに便利なフレーズです。ご存知の方も多いと思いますが、ご案内いたします。 (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 友人に手助けしてもらった時、単に"Thank you."でもいいですけど、もう一言付け加えると、親密度が上がります。日本語でも、「ありがとう。借りが出来たなぁ。今度、おごるよ。」みたいな言い方をしますよね。それに似たような英語の表現は、"I owe you one."(直訳:私は、あなたに、1つ借りがある。⇒意訳:恩にきるよ。)です。では、「今度、おごるよ」に相当する英語は?ご自身で調べてみてくださいね。(^_^)/

続きを読む

◇英語の豆知識(1st April, 2015) - There's no time like the prese…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 以前、likeの用法をご案内しましたが、それを使った面白い表現を紹介します。There's no time like the present.という表現です。直訳すると、「現在のような時間は無い」という意味ですが、「今が絶好のチャンスだよ!」というニュアンスになります。機会があれば、是非使ってください。 (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 日本人は、国民的性格なのか、「遠慮する」ということが多いですよね。「遠慮する」を英語で表現すると、hold backとなります。「遠慮しないでね」という場合は、Don't hold back.でOKです。グループレッスンなどで、遠慮している他の生徒さんがいたら、是非、Don't hold back.というフレーズを使ってあげてください。(^^)♪

続きを読む