◆英語:めっちゃ遠い?(とても遠い?)

"so far"という一見簡単に見える英語ですが、私が知る限り、この英語には2つの意味があります。単純に、『めっちゃ遠い』という意味と、もう一つは、『今のところ(until now)』という意味です。

以前、私は"so far"といえば、『めっちゃ遠い』という意味にしか捉えてませんでした。例えば、次のような感じ。

Tokyo is so far because I live in Osaka.
(東京はめっちゃ遠い。わし、大阪に住んでるから。)

でも、ネイティヴと会話していて、この意味で"so far"が使われるよりも、『今のところ(until now)』という意味で使われるほうが多いように思います。

The production line in my factory is working well so far.
(工場の生産ラインは、今のところ順調に動いている。)

なぜ、"so far"が"until now"を意味するのか、私にはわかりません。機会があれば、ネイティヴに意味の由来を質問してみたいなぁ。
由来をご存知の御方は、私に教えてください。(^^♪

さて、この"so far"を使った、下記のフレーズを私は、よく使います。

So far so good.
(今のところ、良い。)→『これまでのところ、大丈夫だ。』という意味ですね。

レッスンで英語を教えてもらって、『今の説明、わかりましたか?』と質問されたとき、私はこの返事をしてお茶を濁すことがあります。この言葉の裏に、『今のところ理解しているけど、明日になれば忘れているかも?』というニュアンスを含めて、先生に言います。(笑)
正確に言うなら、

"So far so good. I could forget it tomorrow though."
(今のところ大丈夫です。明日には忘れているかもしれないけど。)

ということですね。(^^♪

私の説明、分りました?
え?"So far so good."でつか?(笑)

★ご注意
発音が難しそうな単語には、カタカナとひらがなを組み合わせて、日本語で最も近いであろう読み方を付け加えてます。ひらがなの部分が一番強く発音するストレスの部分です。
また、私の英文が正しいかどうかは責任持てません。m(_ _)m
このネタについて、正確な情報をお持ちの方は、このブログ記事にコメントしていただくか、電子メールで教えてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック