英会話・英語の豆知識(14th June, 2015) - get the picture(解る) / in charge of(~の担当)

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」

子ども達に、何かを説明していて(あるいは、お説教していて)、最後に、「言ってること、解った?」と聞くことがありますが、これを英語で言うとしたら、どのような言い方があるでしょう?色々な言い方がありますが、Do you understand?は、ちょっと固い(厳しい)言い方のような気がしますので、こういう言い方はどうでしょう? ⇒ Do you get the picture?(あるいは、シンプルに、Get the picture?)という言い方があります。"get the picture"⇒(頭の中で絵を描くイメージで)「概要を把握する」というような意味になります。ですから、「完全に解った」というよりも、(picture=絵ですから、ぼや~っとしたイメージなので)「大体解った」「状況が解った」というときに使われる表現のようです。getも、pictureも、簡単な単語ですから、使いやすいですよね。(^^)/


(2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」

今回、比較的簡単なフレーズですので、御存知の方も多いと思います。"in charge of"⇒「~の担当・担任」というフレーズです。私(Giテック代表:井田)も、個人的に良く使うフレーズです。国際電話・海外旅行・海外出張でも、「~の担当の人をお願いします。」というパターンが多いと思いますので、覚えていて損は無いです。使い方としては、"Who is in charge of these students?"「この学生達の担任は誰ですか?」といった使い方や、"I would like to talk with someone who is in charge of marketing for this product."「この商品のマーケティング担当の人と話がしたいです。」といった感じです。(^^)/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック