●Windows10へのアップグレードに備えて

2015年7月29日に予定されている、Windows10のリリースに備えて、現存するパソコン3台が、Windows10に対応できるかどうか、ドライバなどのチェックをしているが・・・

めっちゃ面倒!やってみて、アカンかったら、元に戻せばええやん、という結論に達した。(笑)

Windows10の仕様には、「元のOSに戻す」というのもあるらしいけど、元のHDDのイメージバックアップ取っておけば、いつでも元に戻せるはずだし・・・

まぁ、大きな問題は無いだろう。一番心配なのは、古いバージョンのMySQLが稼働している、Windows8.1のPC。これを、Windows10にして、もしも、レッスン予約システム・顧客データベースシステムが動かなくなったら・・・(そんなことは、ないと思うが)

しかし、毎度のことながら思うのであるが、「OSのバージョンアップのせいで、今まで動作していたドライバ・アプリなどが動かなくなる可能性がある」というのは、「OSのデグレード」ではないのかね?「アッパー・コンパチブル」というのは、現代では死語なのか?以前、某OSを開発していた私としては、「デグレードを出すプログラマは、最低。OSのデグレードなど、許されるべきことではない!」と教えられた気がするのだが・・・。

ひょっとして・・・・バージョンアップではなく、「Windows8とWindows10は、別のOS」と考えるべきなのか?(^^)♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック