最高気温記念日を英会話にする

今日は、7月25日です。 1933年の7月25日、山形市で最高気温40.8℃が記録されました。それ以来、この日が『最高気温記念日』となっています。 この記録は、長い間、日本の最高記温記録となっていましたが、2007年8月16日に熊谷市と多治見市で40.9℃を観測し、74年ぶりに記録が更新されました。 しかし、『最高気温記念日』は、7月25日のままだそうです。なんか変な話ですね。(笑) では、『最高気温記念日』をネタに英会話を考えてみましょう。 以下に、使えそうなボキャブラリを列挙します。 maximum(highest) temperature:最高気温 Celsius:℃ make a record:記録を作る anniversary:記念日 for a long time:長い間 observe:観測する for the first time in _____ :~ぶりに set a new record:記録を更新する Aは、Bのままである:A is still B(他にも色々な言い方があると思います。) 興味のある方は、自分で英会話文を考えてみてくださいね。(^^)/ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

続きを読む

カシスの日を英会話にする

今日は、7月23日です。 2006年、日本カシス協会が、7月23日を『カシスの日』とすることを制定しました。 日本カシス協会のWebサイトによれば、カシスの色素は紫外線を強く浴びるほど濃くなるそうです。 その濃い色は、眼精疲労を抑制する効果があるカシスアントシアニンの色で、カシスは、紫外線を強く浴びるほど、カシスアントシアニンという物質を豊富に蓄え、栄養価の高い良質なカシスに生育する、とのことです。 そのため、最も暑い日と言われる『大暑』が、7月23日になることが多いことから、『カシスの日』と制定されたらしいです。 では、『カシスの日』をネタに英会話を考えてみましょう。 以下に、使えそうなボキャブラリを列挙します。 cassis:カシス Japan Cassis Association:日本カシス協会 pigment:色素 ultraviolet:紫外線 bask in:浴びる become darker in color:色が濃くなる eyestrain:眼精疲労 inhibit:抑制する effect:効果 cassis anthocyanin:カシスアントシアニン nutritional value:栄養価 good quality:良質 grow:生育する major heat, blistering heat:大暑(英語圏にない言葉なので、色々な言い方に置き換え…

続きを読む

ベルギー独立記念日を英会話にする

今日は、7月21日です。 1830年にオランダからの独立を宣言したベルギーで、1831年のこの日に最初の王であるレオポルド1世が即位したことを記念して、ベルギーの祝日になったそうです。 では、『ベルギー独立記念日』をネタに英会話を考えてみましょう。 以下に、使えそうなボキャブラリを列挙します。 Belgium:ベルギー independence:独立 the Netherlands:オランダ declare:宣言する National Day:独立記念日(ベルギー) Leophld:レオポルド be enthroned:即位する 興味のある方は、自分で英会話文を考えてみてくださいね。(^^)/ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

続きを読む

光化学スモッグの日を英会話にする

今日は、7月18日です。『光化学スモッグの日』だそうです。 1970年の7月18日、東京都杉並区で日本で初めて、光化学スモッグが発生しました。 とある高校で、体育授業中の生徒が、目の痛みや頭痛等を訴えて、40数人が病院へ運ばれたそうです。東京都公害研究所は、窒素酸化物(NOx)が紫外線によって有毒な物質に変化して起こる光化学スモッグであると推定しました。 では、『光化学スモッグの日』をネタに英会話を考えてみましょう。 会話文を全部載せても仕方ないので、使えそうなボキャブラリを列挙します。 Tokyo Metropolitan Government:東京都 for the first time:初めて photochemical smog:光化学スモッグ physical education:体育 sore eye:目の痛み headache:頭痛 pollution:公害 institute:研究所 nitrogen oxide:窒素酸化物 ultraviolet:紫外線 toxic:有毒な 興味のある方は、自分で英会話文を考えてみてくださいね。(^^)/ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

続きを読む

フランス建国記念日を英会話にする

今日(7月14日)は、『フランス建国記念日』だそうです。 1789年7月14日のフランス革命勃発の日だそうです。『パリ祭』とも言われるそうですね。 フランスでは、1880年から祝日となりました。 では、『フランス建国記念日』をネタに英会話を考えてみましょう。 会話文を全部載せても仕方ないので、使えそうなボキャブラリを列挙します。 France:フランス National Foundation Day:建国記念日(日本の場合) French Revolution:フランス革命 erupt:勃発する national holiday:祝日 興味のある方は、自分で英会話文を考えてみてくださいね。(^^)/ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

続きを読む

ウルトラマンの日を英会話にする

昨日(7月10日)は、特撮番組の『ウルトラマン』が放映開始された日だったそうです。 1966年(昭和41年)ということですから、私(井田)が3歳だった時なんですねぇ。(笑) 余談ですが、このブログのアドレス名の"plow7010"のうち、"7010"は、7月10日を意味します。私にとっても、忘れられない日なので。 さて、ウルトラマンの画像をブログに載せようと思ったのですが、やはり著作権の絡みがあるので、残念ながら断念しました。 では、『ウルトラマンの日』をネタに英会話を考えてみましょう。 英会話文を全部載せても仕方ないので、使えそうなボキャブラリを列挙します。 air(アメリカ英語):放送される TV show:テレビ番組 special effects:特撮 anniversary:記念日 興味のある方は、自分で英会話文を考えてみてくださいね。(^^)/ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

続きを読む

ジェットコースターの日を英会話にする

今日の7月9日は、『ジェットコースターの日』だそうです。 1955年の7月9日、この日に開園した後楽園遊園地に、日本初の本格的なジェットコースターが設置されたそうです。 なので、7月9日は、日本では、『ジェットコースターの日』と言われているそうです。 こういった『今日は何の日?』とヒントにして、外国人と雑談する英会話ネタを考えてみるのも面白いです。 今後、こういったことを、このブログか、英会話GiテックのWebサイトで記事にしていきたいと思います。 まずは、ジェットコースターを英語で何と言うかご存知ですか? ジェットコースター ⇒ "jet coaster"ではありません。"roller coaster"のほうが一般的です。 ですから、『ジェットコースターの日』は、"Roller Coaster Day"となります。 想定される英会話の内容としては・・・ "Hey! Do you know what day today is?" (ねぇ、今日は何の日か知ってる?) と相手に聞いてみたとします。大抵の場合は、 "Umm.... I don't know... What day?" (うーん、わからない。何の日なの?) と答えると思います。そこで、 "It's Roller Coaster Day today!" (今日は、ジェットコースターの日なんだ。) と教えてあげると、必ず・・・ "What?…

続きを読む

◇カタカナ英語の乱用が、日本人の英語力を低下させている?

日本人は、何かにつけて英語を日本語に取り入れようとします。 なんと言っても、日本語には「カタカナ」という便利な文字がありますから。 しかし・・・ 「日本人は、英語の発音が苦手」 と言われていますが、「カタカナ英語」がその原因の一つだと思います。 コンセントレーション・リノベーション・イノベーションなどなど・・・ 日本語でも十分表現できるのに、無理矢理、カタカナ英語を使って外来語のように 使っているのは、ハッキリ言って、個人的に「百害あって一利なし」と思います。 第一、文字数が増えるでしょう? 「集中」なら、2文字で済むのに、無理に「コンセントレーション」と長くしなくても... そう思いませんか? 昔のコンピュータプログラマである私としては、元々、4バイトなのに、20バイトに なるなんて、「メモリの無駄遣い!」と思ってしまいます。(笑) 昔のコンピュータプログラミングでは、"AXレジスタに、0を代入する"のに、 "MOV AX,0000H"ではなく、"XOR AX,AX"とコーティングして、メモリを1バイトでも 節約する、クロック数を少なくする、というプログラミングをしていたのに・・・ あ・・・話がそれました。(苦笑) とにかく、英語をカタカナにしてしまうと、本来の英語の発音とは全く違う発音になり ます。その「カタカナ英語」に慣れた日本人が正しい英語の発音を出来るわけがあり ません。元々、日本語にない外来語(例…

続きを読む

◇気分転換に海外旅行・TOEIC受験

どんなことでもそうですが、長く続けていると、少しマンネリ化してしまって、 「何か刺激が欲しいなぁ」と思うことがありますよね。英語学習でも同じです。 英語の勉強がマンネリ化してくると、脳への刺激が少なくなり、 全体的なパフォーマンスが落ちてくることがあります。 そういうときに、例えば、海外旅行に行ってみるとか、仕事で必要ないけど、 TOEICを受験してみて、実際の実力を測定してみるとか、普段やらない英語に 関することに取り組んでみるのもお薦めです。 あるいは、もっと簡単な方法で、普段、洋画を見ない人は、洋画を字幕なしで どこまで理解できるかトライしてみる、といった方法もあります。 実際の生活で、そういった気分転換をすることで、学習のための良い刺激と なります。 私が生徒時代にやっていた方法としては、普段は大阪市内に出て 行かないのですが、たまに難波などに出かけて、外国人が集まるパブなどに 行って、知らない外国人に話しかけてみて、どこまで通じるか試してみる、 ということでした。 そのときに、できるだけ共通の話題があったほうが話しかけやすいと思います。 例えば、ジャズが好きな人だったら、外国人が集まりそうなジャズ喫茶であれば、 共通の話題があるので、すぐに打ち解けることができると思います。 学生さんだったら、国際交流イベントなどが時々ありますので、 そういうところに出かけるのもお薦めです。(^^)/ そういう場所で、自分の英語が通じ…

続きを読む

◇"cheap"の本当の意味を知っていますか?

世の中には、「格安!」という謳い文句で集客する商品・サービスがあります。 それに飛びつく人も多いと思いますが、私個人としては、あまり飛びつきたくありません。 例えば、「格安バスツアー」という広告を目にすることがありますが・・・ つい先日も、某バス会社が大事故を起こしましたよね? しかし、人間は、「忘れる動物」ですから、時間が経てば、「格安バスツアー」に飛びついてしまうのでしょうね、きっと。 「格安」を英語にするとなると、真っ先に思い浮かぶのは、"cheap"という単語です。 私(Giテック代表:井田)も大阪人ですから、「安くて美味しい、いわゆるB級グルメ(たこ焼き・お好み焼きなど)」が大好きです。 でも、「格安」と言われると、抵抗があります。(^^♪ 英語の"cheap"には、「安い」という意味がありますが、ネイティヴスピーカーによれば、「安物=品質が悪い」という意味としても、使われるそうです。すなわち、私が思うところの「格安=品質が悪い」と同じです。 「安くて良いもの」は大歓迎ですが、「格安=安物=品質が悪い」となれば、勘弁して欲しいです。 では、「安くて良いもの」を英語にするとしたら、どういう英語がふさわしいでしょう? "______ is cheap but good"というような単純な単語の組み合わせになるかもしれませんが、あまり自然な英語ではありません。一言で言うなら、"reasonable"でしょう。「決して高くない(安…

続きを読む

◇マイナンバー制度の英語解説:The Social Security and Tax Number System

This web page explains The Social Security and Tax Number System in English, which is going to commence operations in October in Japan. マイナンバー制度を英語で解説したページ ⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/english.html これを活用して、ネイティヴ講師への説明をしよう。(^^♪ 事務作業が増えるので、制度自体は嫌いだが、色々な外国語版の解説をしてくれているのは助かる。内閣官房さん、ありがとうございます。m(_ _)m そういや、ITサラリーマン時代、「内閣官房・内閣情報調査室」へ、とあるシステムの納品に行ったことがあります。(^^♪

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(3rd August, 2015) - out of style(時代遅れ) / 英語は日…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 買い物などに行って、子ども服などを選んでいて、「この服は、ちょっと時代遅れだなぁ」というようなときがありますよね。そういうとき、"old-fashioned"という単語を使って表現できますが、違う言い回しとして、"out of style"という言い方があります。「彼女の服装は、時代遅れだな」と言う場合は、"Her clothes are out of style."という英語になります。この"out of _____"というパターンは、日常会話でよく使われます。例えば、"out of paper"で、「用紙切れ」という意味になりますし、"out of gas"で、「ガス欠」となります。また、電車・バスなどで、「回送」という場合、下に英語で"out of service"というのを時々見ますよね。"out of ___"は、「~を失っている状態」を表す、ということですね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 今回は、一般的に言われているような豆知識ではなく、私(井田)の個人的に思っていることをお伝えします。英語のネイティヴスピーカーは、なんとなく日本人よりも「感情を表に出して話す」という感じがしませんか?私は、そういう気がします。その理由は、私が思うに、「日本語は、英語よりも表現豊かな言語だから」なのではないでしょうか?日本語は、とにかく表現力が豊かな言語だと思います。例えば、「まったりとした」といったような…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(27th July, 2015) - More power to you!(これからも頑張…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達が、とても上手に何かを出来たときの褒めてあげる英語として、"Good job!"が有名ですが、その他にも、こんなフレーズがあります。⇒ "More power to you!"というフレーズです。直訳すれば、「もっと力を、あなたに!」ということですが、「よくやった!これからも頑張ろう!」というニュアンスだと思います。ですから、単に褒めてあげる言葉としてだけではなく、「健闘を祈る!」という感じでも使われるそうです。例えば、運動会で、お子さんの順番が回ってきて、これから競争する、という場面や、試験の直前といった場面でも使えますね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「~とうまく(仲良く)やってく」という表現を英語にするとしたら、どうなるでしょう?例えば、野球・サッカーなどのスポーツをしていると、チームワークが大切になってきます。しかし、チームの中には相性の悪いメンバーがいるものです。しかし、それでも、チームのために、「彼とうまくやっていかねばならない」ということがありますよね。そういうときは、"I need to live with him for the team."(私は、チームのために、彼とうまくやっていく必要がある。)という表現になります。"live with ___"は、もちろん、「~と一緒に住んでいる」という意味もありますが、「~と一緒に生きて行く」=「~と、なんとかやっていく」というニュア…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(20th July, 2015) - 英語で、"nana"は、おばあちゃんの意味 / 英語…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 今回は、「名前」に関する豆知識です。日本人の女の子向けの名前で、「なな」という名前がありますが、英語でも、"nana"という表現があります。実は、これはカジュアルな表現で、「おばあちゃん」という意味を持っています。正式な単語は、grandmotherですが、主に小さい子供達が、「おばあちゃん、いつ来るの?」という感じで、"When is nana going to come?"というように使われます。現在でもそうですが、今後ますます外国人と触れ合う機会が多くなりますので、今後生まれてくる女の子に、「なな」という名前を付けるのは、やめたほうがいいかもしれません。(^_^; (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 以前、「よろしくお願いします」という日本語に相当する英語を紹介しましたが、今回も似たような表現です。日本語で挨拶するときに、「いつもお世話になっております。」と言うことがありますが、これを直訳すると、"You always take care of myself."というような不自然な英語になってしまいます。そこで、それに近い英語に置き換えると、"Thank you for all your trouble."(あなたの全ての苦労に対して感謝します。⇒ いつもお世話になり、ありがとう。)というフレーズになります。今回も、「訳すのではなく、置き換える」のが適切な例です。(^^)/

続きを読む

英会話・英語の豆知識(13th July, 2015) - stand my ground on(絶対に譲れない)…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 この英語は、どういう意味でしょう?⇒ "I have to stand my ground on this idea." 直訳すると、「私は、このアイデアにおいて、私の土地に立たねばならない。」となりますが、要するに、「このアイデアの上に、立ち続ける」⇒「絶対に動かない」⇒「譲れない」というニュアンスとなり、日本語に意訳すると、「私は、このアイデアについては、譲れません。」という意味になります。日本語でも、「地に足をつける」というような慣用句がありますが、(意味は違いますが)なんとなく感覚が似ているように思いますね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 当たり前のことですが、英語と日本語は、別々に生まれた言語ですので、訳せない言葉も沢山あります。そういう場合は、大抵の場合、「訳すのではなく、近い言葉に置き換える」ということになります。例えば、日本語で、「今後とも、よろしくお願いします。」と言いますが、これを英語に訳すことはできません。「よろしく」という日本語は、非常に曖昧なニュアンスなので、(どちらかと言えば)物事をはっきり伝える英語には存在しない言葉です。なので、これを具体的な英語に置き換えることになります。あくまでも例ですが、仕事上の付き合いで「今後もよろしくお願いします。」という状況なら、"I look forward to working with you next time.(次に一緒に仕事をするの…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(11th July, 2015) - There you go again.(また、その話…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達から、おもちゃ・ゲームなどを、せがまれて、「また、その話なの~?」と困ってしまうことがありますよね。それを表現する英語は、色々とありますが、その一つが、"There you go again."というフレーズです。「また、そこ(there)へ行くのね!」⇒「また、同じことを繰り返すのね!」⇒「また、その話なの!?」というニュアンスです。文法用語で言うところの、「倒置」により、"there"が文章の先頭に来ています。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 母国語(日本人の場合は、日本語)でも、会話が上手い人と苦手な人がいるのが当たり前です。もちろん、英語のネイティヴスピーカーでも同じです。しかし、母国語なら、常に回りにあふれているので、時間をかければ会話に慣れることができます。ところが、外国語の会話スキルを速く身につけよう、となると、性格というかメンタル面の差が顕著に出ます。比較的、外国語の会話スキルの上達が早い人は、メンタル面でポジティヴな人が多く、あまり文法などで悩まない、という人が多いです。反面、知識が豊富で、単語も沢山知ってるし、文法も得意な人なのですが、知識が邪魔して、「間違った文法で話すと恥をかく」といったメンタル面で悩んでしまう人は、知識が上級でも、会話スキルが伸びない、という人もいます。確かに、文法などの知識は、英語を理解する上で役立ちます。しかし、日常会話なら、中学で習う程度の文法が解れ…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(10th July, 2015) - speak out of turn(つい口出しする)…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 子ども達には、子ども達の世界があって、あまり親御さんが口出しすべきでない領域もありますよね。でも、やはり親としては、つい何か口出ししてしまうものです。「つい口出ししてしまった」ということを英語で表現すると、"I spoke out of turn."というフレーズになります。"out of turn"で、「順番(turn)から外れる(out of)」というニュアンスですので、「順番を無視して発言した」=「つい口出しした」ということになります。有名人・政治家の方々が失言をして、マスコミに叩かれている時など、「彼の発言は、まずかった。(He spoke out of turn.)」というようにも使えます。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 「自分のお店の評判を良くしたい」というような表現を英語にすると、どんなフレーズになるでしょう?難しい単語(例:reputation)を使って表現することもできますが、意外と簡単な単語でも表現できます。例えば、「彼は、新しい料理で自分のレストランの評判をよくしたい。」という場合、He hopes that the new menu will give his restaurant a good name."となります。"He hopes that/彼は____を望んでいる", "the new menu/その新しいメニュー(料理)が", "will give his restaur…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(9th July, 2015) - space out(ぼーっとしている) / off t…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 何か考え事をしていて、子ども達から話しかけられても、ぼーっとしていて聞き取れなかったときに使えるフレーズを紹介します。「ごめん。ちょっと別のことを考えていて・・」と英語で言う場合、"I'm sorry. I was thinking about ______."というようなストレートな言い方もありますが、別の言い方として、"I spaced out."という言い方もあります。"space"は、「宇宙」とか、日本語でも「空間」のことを、「スペース」と言うように、何らかの大きな間隔を表すこともありますが、動詞として「間隔をあける」という意味もあります。"space out"で、なんとなく、「宇宙空間をさまよっている」というような感じでしょうか?したがって、"I spaced out."「大きな空間をただよっていた」⇒「ぼーっとしていた(別のことを考えていた)」というようなニュアンスになるのだと思います。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 日本語でも同様ですが、何か自分の意見を伝えるときに、あらかじめ断ってから話すことがありますよね。例えば、「単刀直入に言うと・・・」というような感じです。英語を話すとき、ネイティヴに自分の意見が伝わるかどうか不確かなとき、「自分が思うままに言うけど・・・」と前置きしてから、自分の意見を伝えたほうが、「あまり良い意見じゃないかもしれないけど・・・」というニュアンスを予め伝えることができ…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(8th July, 2015) - in good shape(体調が良い) / Wher…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 はじめて英語を習うお子さんの場合、KIDSクラスでの基礎レッスンとして、shape(形)の単語を練習することがあります。この単語"shape"には、「形」という意味だけでなく、別の意味もあることを御存知でしょうか?例えば、"I'm in good shape."と言った場合、「私は体調が良い」という意味になります。ですから、"What shape is it?"は、「それは、どんな形ですか?」という質問になりますが、"What shape is it in?"というように、"in"がつくと、「それは、どんな調子(具合)ですか?」というように意味が全く変わります。ちょっと「ひっかけ問題」みたいですね。(笑) イメージ的には、"in good shape"(良い形の中にいる)⇒「良い雰囲気の中にいる」⇒「良い調子」というような捉え方だと思います。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 今回は、「超カンタンなフレーズ」です。会話をしていて、途中で話が脱線して、「あれ?どこまで話したっけ?」というようなことがよくありますが、そういう場合、英語ではどういうでしょう?ズバリ!"Where were we?"でOKです。「~まで」というのは、「"until"という前置詞を使って・・・」というように直訳する必要はありません。シンプルに、"Where were we?"で通じます。訳すのではなく、ネイティヴが使っているフレーズに「置…

続きを読む

◇英会話・英語の豆知識(7th July, 2015) - get burned(痛い目にあう) / for my…

(1)KIDS生徒さんの保護者向け「英語の豆知識」 悪い事をした子ども達を叱っていて、そんなことをしていると、「後で痛い目にあうぞ」と言うことがありますが、これを英語で言うとしたらどうなるでしょう?一つの言い方として、"You are going to get burned."という表現があります。直訳したら、「あなたは、やけどをすることになるだろう」ということですが、ニュアンスとして、「痛い目にあうよ」ということになります。(大阪弁で、かなり古い言い方ですが)「やいとをすえる」と似ていると思いませんか?(笑) 標準語でしたら、「お灸をすえる」ですね。(^^)/ (2)大人の生徒さん向け「英語の豆知識」 以前の豆知識で、"in my book"という表現を紹介しましたが、似たような表現で、"for my money"という表現もあります。意味は、同じように、「私の意見では」という意味です。ですから、「違うと思うよ。」という場合は、"Not for my money."でOKです。恐らくは、「お金を賭けてもいいくらい、違うと思う!」というような由来ではないかと推測します。(確かではありませんが・・・) ですから、I don't think so.よりも、かなり強調された言い方になると思います。(^^)/

続きを読む