⇒何故、英会話教室を経営しているのか?

たまに、「なんで、井田さんは、繊維のリサイクル工場を家族でやっているのに、英会話教室も経営しているのですか?」と質問されることがあります。 まぁ、御存知の方も多いですが、1997年の「旧NOVA倒産事件」が無ければ、私が英会話教室を始めることは無かったでしょう。(^^)♪ 元々、英会話スクールの旧NOVAで、趣味として、40歳のときに英会話を初級から習い始めて、44歳のときに上級レベルに到達したのですが、上達していくごとに、「英語でコミュニケーションできる楽しさ」にハマっていきました。(笑) しかし、1997年の旧NOVA倒産で、その楽しい場所を失ってしまいました。(涙) その後、旧NOVA倒産の直後は、ネイティヴ講師支援のようなボランティアをしていました。(本当は、私も、前払いしていた授業料が戻ってこなくなった被害者なのですが・・・) そうこうしているうちに、「ひょっとしたら、これは起業のチャンスではないか?」と思いました。 当時は、既に45歳。起業するとしたら、残りの人生を計算すると、最後のチャンスかもしれない、と思ったわけです。 そこで、旧NOVA泉佐野校の物件が、そのまま残っているので、ビルオーナーさんから、設備を安く譲ってもらって、新しい月謝制の英会話教室としてスタートすることになりました。 後でわかったことですが、ビルのオーナーさんと私は遠い親戚でした。さすが、泉州地元民。(笑) また、教室スタート当時、レッスン予約システム設計などを手…

続きを読む

⇒ 理由2:泉州を国際化したい!

Giテックをはじめた理由(3) 大阪・泉州には、日本が誇る24時間運用の関西空港(最寄の市は泉佐野市)があります。 それなのに・・・ 泉州って、単なる通過点に終わってしまっている・・・ 趣味で取り組んでいた英語ですが、そのうち・・・ 英語の能力を使ったビジネスをやってみたい。昔はIT会社に勤めていたし、それらを融合したビジネスって、いつかやってみたいなぁ・・・ もちろん、泉州の土地で事業を立ち上げたい。 そうすりゃ、泉州ももっと元気になるのに・・・ と思ってました。(^^♪ そこへ・・・ NOVA倒産! NOVA講師支援のボランティア開始! でも・・・ いつまでもボランティアじゃなぁ・・・・ 結構しんどいし・・・ しんどい割に、報われないし・・・ ええいっ!事業化してしまおう! 某NOVA友(年配の男性)から背中を押されて・・・ Giテック開校! その男性は、今でもGiテックの経営に多大なるアドバイスを与えてくれます。現在、彼は、『Giテックの影(カゲ)のオーナー』と呼ばれてます。そして、私は『Giテックのハゲのオーナー』と呼ばれているそうです。(自爆) 俺ってツイてるなぁ。(^^♪ いつもありがとうございます。Hさん。感謝します。m(_ _)m Giテックという拠点から、泉州国際化プロジェクトをスタートしますっ! とまぁ、大きなタンカをきっていますが、…

続きを読む

⇒理由1:ボランティア活動の流れから・・・

Giテックをはじめた理由(1) これから、『泉佐野駅前英会話スクール:Giテック』を開校した理由を一つずつ紹介していこうと思います。(^^♪ というのも、よく人に聞かれるのです。 『なんで、Giテックを始めたのですか?』と・・・。一言では言い表せません。色んな思いからはじめました。・・・というか、そういう状況になってしまった、という感じです。 回りのNOVA友に『ノセラレタ・・・』という感じもするのですが、始めてしまった以上、自己責任で事業に取り組んでいます。 ボランティア活動からの流れは、GiテックのWebサイトに記述しております。こちらをご覧ください。

続きを読む